内部対策の基礎知識

内部対策の基礎知識をおさえよう

検索エンジンからみるWebサイトの理解と認識

検索エンジンはHTMLなどの言語を直接読むことで、そのWebサイト・Webページに何がどのように書かれているかを理解する。
検索エンジンはロボットであり、人間のようにWebブラウザ上に表示されているコンテンツを見たまま理解することはできない。

文字を画像として表現されているコンテンツであると、人間にとっては普通のテキストを読むことと同じくらい容易なことであるが、視覚を持たない検索エンジンにとってはテキストを読むことよりもはるかに難易度が高い作業になる。
検索エンジンは視覚情報を理解することができないため、ソースコードを理解できても、価値のある文字内容が書かれている画像の内容を把握することができないのである。

検索エンジンが画像内容を理解する方法として、HTML上の「代替テキスト」がある。
代替テキストとは、本来画像が正常に表示できなかった場合、代わりに表示されるテキストのことである。
画像内容の代替となるテキストを記述しておけば、検索エンジンはは画像内容を理解してくれる。
画像、音声、動画などは、検索エンジンにとって内容の認識が難しいコンテンツであるため、内容を伝えたいコンテンツについては、テキストで内容をしっかり記述しておくことが重要である。

HTMLの役割

HTMLとは、HyperTextMarkupLangage(ハイパーテキストマークアップランゲージ)の略で、Webページを作成するのに用いられるマークアップ言語のことである。
タイトルを分かりやすくするために文字列に大見出しを指定するタグで囲い大きなフォントサイズで表示したり、段落として表示したりする。
検索エンジンはHTMLのマークアップをヒントにして、Webページ内のそれぞれの文字列がどのような意味を持っており、どのような文章構造になっているかを理解する。
正しくマークアップすることによって、コンテンツの正しい意味合いを検索エンジンにしっかり伝えることができるようになる。

株式会社ログオンシステム
札幌本社

〒060-0062
札幌市中央区南2条西5丁目10番地2 サンワード南2西5ビル8F
TEL.011-252-2224
FAX.011-252-2226

東京支社

〒100-0004
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル12F

オッター君