SEO対策で誤解しがちな「被リンク」について

今回は、SEO対策でもよく取り扱われる被リンクについてご紹介します。
※被リンクとは、他のウェブサイトやページから、リンクを張ってもらうことです。

被リンクは重要?

結論から言うと、やはりこの被リンクは重要です。なぜなら、Googleが「いいホームページだ!」と判断する要素のひとつになっているから。

なぜ被リンクは重要か?

Googleは、役に立つホームページと役に立たないホームページをある一定の法則にしたがって判断しています

なぜならGoogleのお仕事は、あなたがあるキーワードで検索した時に、インターネット上の膨大な情報の中から、関連性があって、役に立つ価値のあるホームページを抽出することだからです。

例えば、「札幌 レストラン」で検索しても、横浜のレストランなど、全然違う情報が出てくると、「Googleは役に立たないなあ」と思って使う人がいなくなってしまいます。それじゃあGoogleも困るので、関連性のある良質な情報を見極めようとします。

その要素の一つが被リンクです。そのホームページの内容が役に立つもの、面白いものであれば、「これをみんなに広めよう!」と思う人がいて、リンクをはってくれます。つまり被リンクが多い=みんなが広めたいと思っている→役立つホームページだ!とGoogleは考えるわけです。

被リンクは増えれば増えるほど良いわけではない

じゃあとにかく被リンクを増やせばいいんでしょ?という気がしますが、それは非常に危険な考えです!よく誤解されがちですが、被リンクは増えれば増えるだけ効果が現れるというわけではないのです。

被リンクの数だけでSEO対策が出来る時代は終わった

実際、まだGoogleのロボットの頭が今ほど良くなかった時代は、被リンクの絶対数が評価されていました。そのため、SEO業者をはじめいろいろな人が、「リンクを買いまくる」という現象が起こりました。そして、リンクを張るだけのホームページを作って、リンクを売ることで儲ける「リンクファーム」という輩も登場します。

しかし、検索エンジンからすると、そのように人工的にリンクを増やして順位をあげられてしまうと、ユーザーにとって有益な役に立つサイトではないものまで、上位に来てしまうので、これはGoogleとしては望ましくないものですね。

Googleはそういった現象を防ぐために、色々なアップデートを重ね戦ってきました。現在は、人工的にリンクを増やしたサイトは、検索サイトから破門される「ペナルティ」という制裁を食らうことに。

つまり、もうリンクを売り買いする時代は終わりました。
悪質なリンクはGoogle先生にすぐに見つかります。

優良な被リンクを集めましょう

じゃあ、どうしたらいいのでしょうか?
この被リンクについて出来ることは、とにかく優良な被リンクを集める、ということです。

優良な被リンクとは?

優良な被リンクとは、一般に自然リンクと呼ばれるもので、ホームページを見てくれた人が内容を気に入って、自分のホームページやブログにリンクを張ったりしてもらい獲得するものです。

優良な被リンクの集め方は、良質なコンテンツを作り続けること

では、どうしたら良質なリンクを増やすことが出来るのでしょうか。その最善の方法はひとつ、良いコンテンツをつくって人気を獲得する、ということだけです

結局簡単にすぐに被リンクをたくさんゲットできる裏技はありません。

ユーザーがあなたのホームページを面白い、役に立つと思えば、「このサイトを皆に紹介しよう!」とリンクをしてくれるはずです。Googleはそういった自然に増えていくリンクを評価しています。

まとめ

  • 被リンクはSEO対策の中で重要な要素である
  • Googleは日々進化しており、不自然な被リンクなどすぐに見破ってしまうので、リンクを買う、などの対策は時間と労力のムダ
  • 被リンク獲得のために時間を使うよりも、良質なコンテンツを作り続けることに時間を使うべき。面白い、役に立つ良質なコンテンツとユーザーが判断すれば結果としてリンクは増えていく

お気軽にご相談ください。

当社では、ホームページに関するお悩みやご相談、無料ホームページ診断などを常時受け付けています。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

株式会社ログオンシステム
札幌本社

〒060-0062
札幌市中央区南2条西5丁目10番地2 サンワード南2西5ビル8F
TEL.011-252-2224
FAX.011-252-2226

東京営業所

〒100-0004
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル12F

オッター君